ようこそ高砂製作所へ
HOME 通信機器カタログ> IP Voice この製品についてのお問い合わせはこちらをクリック
 高砂製作所 IP Voice

IP VOICE IP-音声変換伝送装置

IP VOICE IP-音声変換伝送装置

特長

アナログ音声をイーサネットへ変換することにより長距離双方向コミュニケーションを実現

サーバレスでシステムの構成が可能

IP方式なので、既存のネットワークを利用することにより容易にシステム構築が可能

アナログ音声3チャンネルの入出力

入力は内部でミックスされ、出力は分配されます。

10Base-T/100Base-TXをサポート

卓上、ラックどちらにも設置対応

19インチのラックへ2台実装可能(※)
また、単体として卓上設置へも対応
※市販のラック用収納棚が必要

IPボイスは、その他、お客様のニーズにあったカスタマイズが可能

接点入出力機能

接点の入出力を背面にそれぞれ3チャンネル装備。

設置、起動も簡単

最初にIPアドレスなどのネットワーク設定をすれば、電源ONで、即、使用可能
また、毎回、設定をする必要はないため、移設も容易

高信頼性

自然空冷によるファンレス設計
密閉筐体により厳しい設置環境に対応
AC100V電源内蔵(ACアダプタレス)
動作温度範囲が広い(-10~50℃)

1:1ホットライン構成例

説明図

主な仕様

項目 仕様
音声コーディック  
音声符号化方式 G.711/G.729A
ビットレート 64kbps/8kbps
プロトコル RTP
ネットワークインタフェース lEEE802.3準拠 10BASE-T/100BASE-TX 自動選択 ×1(RJ45)
LINE1~3入カインタフェース  
音声入カインタフェース 3チャンネル(DSUB25S)
音声入力信号帯域 0.3kHz~3.4kHz
標準音声入力信号レベル -10dBm/1500Hz
入力レベル設定 -8dB±2dB、0dB±2dB(出荷時)、+8dB±2dB
入力インピーダンス 600Ω±20%(平衡)
LINE1~3出カインタフェース  
音声出カインタフェース 3チャンネル(DSUB25S)
音声出力信号帯域 0.3kHz~3.4kHz
出力レベル設定 -8dB±2dB、0dB±2dB(出荷時)、+8dB±2dB
※:対向側3入力中1chのみ入力した場合のレベル
出力インピーダンス 600Ω±20%(平衡)
接点インタフェース  
接点入カインタフェース フォトカプラによる片側共通マイナスコモン接点入力
(インタフェース電源12VDC)×3(DSUB25S)
接点出カインタフェース リレーによる電圧ループa接点出力×3(DSUB25S)
保守用インタフェース RS232C準拠シリアルインタフェース×1(DSUB9P)
環境条件 動作保障:-10~50℃、10~90%(但し結露なきこと)
電源条件 AC100V±10% 最大 約0.3A
絶縁耐圧 AC系端子と対地間にてAC1000V 1分間で異常なき事(通信端子は対象外)
絶縁抵抗 AC系端子と対地間にてDC500Vメガーで10MΩ以上(通信端子は対象外)
外形寸法 200(W)×35(H)×220(D)mm(但し突起物を除く)
質量 約2kg

外観

四面図

※本製品は伝送装置であり、音響機器としての製造販売はしておりません。
※前面のMIC IN、LINE OUTは保守用なので使用しないで下さい。
※改良に伴い、製品の仕様、外観形状などおことわりなしに変更することがあります。

プロ放送用機器対応モデルのIP VOICE Proについてはお問合せください。
業務用放送に特化した仕様のプロモデル

UP

 お問い合わせは
この製品や関連商品についてのお問い合わせはこちらをクリック この製品や関連商品についてのお問い合わせはこちらをクリック

高砂のトップページに戻る

HOME 通信機器カタログ> IP Voice