HOME 電源カタログ電子負荷装置> RL シリーズ この製品についてのお問い合わせはこちらをクリック
 高砂製作所 Direct Current(DC) Electronic resistive load (RL6000)
新製品 回生形直流電子負荷装置 電力回生機能付き 直流電子負荷装置 ようこそ高砂製作所へ
RL-6000シリーズ
最大効率90%以上の電力回生機能の付いた電子負荷装置で、電子負荷として動作時に負荷電力を電源系統に回生することが可能な電子負荷装置(疑似負荷)です。従来の抵抗負荷、または電子負荷装置では設置スペース、空調設備などのランニングコストなどの問題がありましたが、従来の電子負荷装置に比べ、排熱が1/10と非常に少なく省スペースと省エネルギーを実現しました。地球にやさしい、次世代の電子負荷装置です。 6kw 回生機能付き 直流電子負荷装置
6kW 直流電子負荷装置
 概 要
家庭用発電/蓄電システム、小型燃料電池(FC)、及び高信頼性が要求される電源のエージング試験用などの長時間行う各種エージング試験に最適な電子負荷装置です。
・電力回生効率(最大回生効率90%以上)
負荷電力を殆どを熱として排出するのではなく回生して再利用しします。
負荷電力の回生効率 最大回生効率90%を実現
また、定格電力の20%以上(*)の広い使用範囲で80%以上の回生効率を実現しました。

(*)30Vレンジでは15V以上、60Vレンジでは30V以上

抵抗(ドロッパ)方式と回生方式の違い
RLの回生効率グラフ 全領域において高効率を実現
・大容量
(1台・6kW マスタースレーブ構成にて、最大30kWまで増設可能)
・マルチモード
定電流モード(CC)、定電圧モード(CV)、定抵抗モード(CR)の3つの基本動作モードに加えてインバータやDC/DCコンバータなどの試験に最適な定電力モード(CP)を装備しています。
・プログラムパターン
あらかじめ設定した条件に達すると、自動で負荷をOFFする機能や任意に設定したパターンにて動作するプログラム機能を装備しています。
終止条件で自動停止 負荷パターンの再現試験に
オートマチックロードオフ機能 スイープ&ステップ プログラム運転
・省エネ効果を一目で確認
現在の回生電力と回生電力量の表示機能で省エネ効果を一目で確認できます。
例えば一ヶ月単位での回生電力量の記録・報告に便利です。
現在の回生電力
回生電力量
の表示例
LCD画面
・外部インターフェイス
標準装備のシリアル通信ポート(RS−232C)を装備しています。これにより装置外部の制御用PCとのインターフェイス可能でフルプログラマブルコントロールが可能です。
・マルチチャンネル接続
標準装備でRS−232Cをマルチドロップ方式接続変換機能を装備していますので、1つのRS−232Cポートで最大31台までを多チャンネルコントロール可能です。
・コンパクトになりました。
負荷電力をドロッパ方式のように放熱のみに依存して消費するのではなく環境にも優しい電力回生方式のため当社FK方式6kWタイプに比べ約46%コンパクトになりました。
スペースファクタでお客様の環境競争力に貢献
・電力回生方式でお客様の環境負荷も改善
高砂製作所の電力リサイクル技術で、お客様の環境競争力に貢献します。
この6kWの電力回生型 電子負荷装置1台で最大5kw以上の電力を回生します。これを従来の方式のFKと比較しますと、6kw分の発熱を冷却する空調に約1.5kwの電力(標準的なパッケージエアコンの効率COP4として想定した場合)が必要になります、電力回生方式では逆に最大5kw分以上のエネルギ還元しますので、環境負荷の差ははかりしれないものとなり、この装置を採用することにより、無駄なエネルギ損失を大幅に改善することになります。
最大効率90%以上で回生します。

▼6kWをドロッパ方式で処理した場合
6kWをドロッパ方式で処理しますと6kW分の熱損失が単純に発生します。これは家庭用8畳用石油ストーブ2台分がフルパワーで稼働するのに相当します。そのままでは、周囲温度が上昇し測定器等の動作保証温度を超えますので冷却しなければいけませんが、お客様の空調装置の冷却効率(COP)を仮に4として想定して計算しますと、ドロッパ熱損失と空調電力損失で7.5kW損失することになります。場合によってはお客様の空調設備を増設しなければいけなくなる場合もあります。
環境負担は負荷の2倍に跳ね上がります。
▼6kWをRL−6000で電力回生した場合
電力回生方式で6000Wを処理した場合、最大効率時5400W以上回生しますので、熱損失は400W以下になり、お客様設備の空調電力損失は100W程度になります。RLの熱損失を回生分の100Wで補填してもまだ5300W分回生することになりエネルのギ有効利用により地球温暖化防止、温室効果ガス(CO2)排出量の低減にも、空調設備投資や維持管理費用にも負担がすくなくてすみトータルで環境負荷低減することにより、お客様の環境競争力に貢献します。
環境負担を改善します。
 用 例
オルタネータの負荷として 次世代の42V(36V)高電圧対応車から従来型トラック・バス用の24V系や乗用車等の12V系のオルタネータの試験用負荷として、小型発電機やDC/DCコンバータや制御装置、ヒューズ・リレー等ののエージングに
系統連系装置(直流側)やコジェネ(直流発電部分) 系統連系装置等や家庭用コジェネシステムなどの直流回路の模擬負荷として、小型燃料電池(FC)のエージング用として
電源部品の信頼性試験に サイクルサービスバッテリー(ディープサイクルバッテリー)や大容量ニッケル水素(Ni-MH)、大容量リチュームイオン電池などを電源とする機器(電動フォークリフト、無人搬送車、介護用などの電動車椅子・電動カート・電動スクータ・アシスト付き電動自転車、UPS等)の安全試験や信頼性試験に
疑似負荷として 自然エネルギ(太陽電池、風力発電)機器の疑似負荷による負荷試験に
負荷として 大型直流電源のエージングに
 仕様概略
型名:RL−6000L
項  目 仕  様
負荷条件 動作電圧 30Vレンジ 3〜30V
60Vレンジ 6〜60V
最大電流 30Vレンジ 0〜400A
60Vレンジ 0〜200A
最大負荷電力 6000W
動作電源 AC180〜220V、3相3線式、 50Hz/60Hz
回生効率 最大90%以上
定電流
(CCモ−ド)
設定範囲 30Vレンジ 0〜400A
60Vレンジ 0〜200A
分解能 10mA
設定確度 0.5%±20mA
定電圧
(CVモ−ド)
設定範囲 30Vレンジ 0〜30V
60Vレンジ 0〜60V
分解能 1mV
設定確度 0.1%±20mV
定電力
(CPモ−ド)
設定範囲 50〜6000W
分解能 0.1W
設定確度 2%±60W
定抵抗
(CRモ−ド)
可変範囲 50mΩ〜1600Ω
分解能
*1
50mΩ〜400mΩ 1mΩ
0.4Ω〜1600Ω 625μS(マイクロシーメンス)
設定確度
*1
50mΩ〜400mΩ 2%±2mΩ
0.4Ω〜1600Ω 2%±1300μS(マイクロシーメンス)
オフセット電流 *2 ±200mA
計測・表示 電流計
(浮動小数点方式)
最小表示 0.00A
最大表示 400.0A
確度 0.3%±10digit(23±5℃)
電圧計
(浮動小数点方式)
最小表示 0.00V
最大表示 70.00V
確度 0.1%±10digit(23±5℃)
電力計 最大表示 6.000kW
確度 0.5%±10digit(23±5℃)
保護機能 過電圧、過電流、過温度、逆接続
その他の機能 オートマチック ロード オフ あらかじめ設定したパラメータにより、出力をオフし、その際の各パラメータの終止計測値を保持する。
設定パラメータ:電圧・電流・時間・電気量・電力量・外部入力
スイープ&ステップ プログラム 各モードにおいて、プログラムされた任意のパターン制御を行う。
メモリ− 3種類の設定条件を記憶可能
並列接続運転 同一機種を5台まで並列接続し、マスタ−機1台で制御可能
各種外部コントロ−ル 外部電圧による負荷電圧、負荷電流、負荷電力のコントロ−ルおよび、外部接点によるON/OFF、動作モード、動作レンジのコントロールが可能。
モニター出力 電圧・電流のモニターをそれぞれフルスケールに対してDC10V出力(非絶縁)
各種ステータス出力 ALM、CL、PL、OUT_ON、P−ONについてフォトカプラで絶縁されたオープンコレクタにて出力。
通信インタフェ−ス RS-232Cによる制御可能
動作環境 周囲温度 動作0〜40℃、保存−20〜70℃
湿度 動作20〜80%RH、保存20〜85%RH
その他 凍結、結露、腐食性ガスのないこと
外形寸法 W×H×D(mm) 430×250×600 (突起物含まず)
質量 56kg以下
希望販売価格(円・税別) 2,400,000
【共通仕様】
*1 S(シーメンス)は導電率の単位。導電率は抵抗の逆数 G(S)=1/R(Ω)
*2 理想抵抗による電圧・電流特性に対して対加される固有の電流値。
リップル重畳試験、電流遮断法による抵抗測定や交流インピーダンス法などの試験装置としてのシステムアップについてもご相談ください

※改良に伴い製品の仕様、外観形状などおことわりなしに変更することがあります。

 関連商品
電力回生型 双方向直流電源
直流電源に電力回生機能をつけることにより力行(直流電源として電力供給:ソース能力)、回生(模擬負荷、直流電子負荷として電力吸収:シンク能力)を1台でカバーする直流電源で約1台分のスペースで直流電源装置と電力回生方式電子負荷装置の二つの機能を兼ね備えた双方向直流電源です。力行(+100%)・回生(−100%)切替も5mS内で電圧ノッチも無くスムースに移行する為、疑似装置(エミュレーション・エミュレータ)としての使用や試験用電源として最適です。ハイブリッドカーやハイブリッドバス・トラック等の高性能HEV用バッテリーシステムの大容量高圧電池やフルスタックの燃料電池(full stack Fuel Cell)など関連のシステム評価に最適です。詳しくはこちら
電力回生型 電池充放電試験システム
二次電池の特性評価に最適な、充放電機能と計測機能、ソフトウエアなどを準備しています。二次電池放電時の電力を回生してエネルギー節約や設置面積の省スペース化、水冷タワー等も不要で空調費用の大幅な節減が可能な電力回生型充放電試験システムです。オプションにより、多チャンネル制御や多チャンネルロガー等豊富に取りそろえています。また、恒温槽(防爆)連動制御等も可能です。更にイントラネットに接続することにより遠隔で制御やリアルタイムモニタなどや、メーラ機能により、携帯等に異常通報等が可能です。
交流 電子負荷装置
力率を0〜1まで進み遅れとも可変できかつ、定抵抗(CR)、定電流(CC)、定電力(CP)と3つの電子負荷モードやオプションの任意波形機能や電力回生機能も選択できる交流電子負荷システムもあります。
直流 電子負荷装置
電子負荷としての使用のほか、リップル重畳試験、電流遮断法による抵抗測定や交流インピーダンス法による測定も対応可能です。
  • 直流電子負荷装置として小型燃料電池評価等に最適な160W〜21kWFK2シリーズもあります。
    コネクターやリレー等の開閉器類の耐アーク性能試験等にも最適です
  • 電力回生機能付 6kW〜30kW直流電子負荷RLシリーズについてはこちら
系統連系 試験装置
分散型発電システムの系統連系装置の試験装置についてはこちら
交流電源装置
保護装置の試験や模擬系統として使用可能な交流電源、異常な商用電源をエミュレーションする機能を強化したアナライジング交流電源AA−X2シリーズなどもあります。
 
この製品や関連商品についてのお問い合わせはこちらをクリック この製品や関連商品についてのお問い合わせはこちらをクリック

高砂のトップページに戻る

HOME 電源カタログ電子負荷装置> RL シリーズ