EVインバータが出す色々な走行パターンを供給できます。

 

バッテリエミュレータ インバータエミュレータモータエミュレータ製品のお問い合わせ

インバータエミュレータとして定電流駆動のため、低ひずみで極低速から500Hzまでの周波数に対応

3相モータを評価する可変電流、可変周波数、可変位相の3相交流電源装置です。

モータの力行・回生に対応

●操作項目( 設定、表示出来る主な項目)

  • 設定
    駆動電流
    波形(正弦波、任意波形)
    位相オフセット
  • 表示
    計測電圧(実効値)
    計測電流(実効値)
    位相

絶縁型DC / DCコンバータの高速応答性により、定電流モードで直流から500Hzまでの周波数に対応。

定電流モードでは、各相毎の瞬時電流フィードバックと、DSP演算による3相ベクトルフィードバックを併用することで、通常のPWM制御インバータで問題になる低速時の電流ひずみや、高速時の電流振幅誤差、位相誤差を低減。

正弦波定電流駆動により、モータ特性の精密測定が可能

供試体モータの位置センサ出力に対応。
( ABZパルス、レゾルバ信号)

仕様

電 圧 :最大612Vrms(線間電圧、正弦波出力時)
電 流 :最大1500Arms
電 力 :最大±500kW
周波数 :DC~500Hz

(定格電圧500V、定格電流±150Aのユニットを 直並列で構成。)

●インバータエミュレータ装置作成
インバータが無くてもモータ単独評価できます。

 


その他のEVパワーエミュレータ関連のご紹介

ネットワーク構成例

IP Network

計測データなどのネットワークサーバなどによる蓄積やデータデータ解析、リモート監視などに柔軟に対応可能です。

高砂製作所のEV Power Emulator シリーズは、従来型の実車両(EV/HEV/FCV)に近い形でのシャーシダイナモやフィールド試験をするシステムベンチ法に代わる新たな方式のHILS(Hardware In the Loop Simulation)システムともネットワーク連成可能です。当社の大電力を高精度、超高速で自在に操る電力回生型エミュレーション技術が連成することで、シミュレータの解析パラメータで実機でのエミュレーションをおこない、その挙動情報を素早くフィードバックさせることが可能になります。

評価するインバータやモータなどの要素部品とその連携する他の部分をエミュレーションで補うことにより実機動作の状況に近い環境を簡易に実現でき、あらゆる状況を想定し徹底的に短時間で繰り返し実機試験することが可能になります。電気パワートレインの研究開発における試行錯誤を削減することが可能になります。そのほかにもネットワークによる監視制御やデータ分析などの拡張にも柔軟に対応します。


(詳細は弊社営業担当に御相談ください。)

先頭へ

関連商品製品検索HOME