OCP(過電流保護回路:Over Current Protection)とは

出力が何らかの原因で短絡した時や負荷を想定以上の電流から保護する為の機能です。
また使用する負荷の必要容量よりもはるかに電流容量の大きめの電源を使用する際などにも便利です。定電流設定(CC)機能が有る電源では、定電流設定(CC)値の誤設定時の最終保護としても使用可能です。常にOCP>CCの関係になるように設定します。別名カレントリミッタともいいます。

過電流保護が動作した場合は、ほとんどの電源が出力を停止します。その場合電源再投入で復帰します。

 

関連キーワード OVPCV-CC

先頭へ

関連商品製品検索HOME