電源保守サービスのご案内


保守サービスには、 点検・校正サービス、修理サービス、オーバーホールを準備しております。

また、製品をお預かりして実施する引取り保守サービスと、専門技術者が現地に出向いての出張保守サービスがあります。

保守についてのお問い合わせはCSセンターにお気軽にご相談下さい。

お問い合わせの際は「装置名」・「製造番号」をご用意ください。

  フリーダイヤル 直通ダイヤル 受付日時
弊社お問い合わせ窓口 フリーダイヤルはこちら 0120-963-213  0235-25-9783  9:00~12:00  13:00~17:00 ※
スマホ用
 24時間受付
FAX:0235-25-8678 
 修理お問い合わせ専用 MS-Excel 形式FAX用紙はこちらから
 修理お問い合わせ専用 PDF 形式FAX用紙はこちらから
(株)高砂製作所 CSセンター
〒997-0011 山形県鶴岡市宝田三丁目14-24
※但し、土日祝祭日、弊社が定めた年末年始、春の大型連休、夏季休暇を除く

詳しい内容は下記をクリック


先頭へ

1.保証期間について

1 - 1. 製品の保証期間


原則として納入日から1年間とし、その期間内に製造側に責がある故障が発生した場合は無償で保守致します。
但し、以下に該当する場合は保証期間内であっても対象外となります。

   a. 取扱説明書に記載の使用条件を超えて使用した場合、および、使用上の不注意による故障、損傷の場合。
   b. 火災、自然災害などの不可抗力による故障の場合。
   c. 海外に持ち出され故障した場合。(弊社まで送付していただいた場合は修理いたします。)
   d. 腐食性のガス・油・塵埃の多い所・塩害・高温、多湿等のような環境下でご使用になった場合。
   e. 劣化、油汚れ、腐食などが著しく、修復後信頼性が維持できないと判断した場合。
   f. お客様によって、改造・調整・修理を行ったもの
   g. その他、弊社に責が生じない場合。

1 - 2. 保守品の保証期間


保守品の保証期間は次の条件に限り3ヶ月間無償で対応致します。

   a. 点検・校正サービス:精度が仕様から外れた場合。
   b. 修理サービス:同一個所が故障した場合。
   c. オーバーホール:オーバーホールに関連する故障が発生した場合。

 但し、1-1 a~gに該当する場合は対象外となります。

先頭へ

2.保守サービスについて

保守サービスには、点検・修理・校正・オーバーホールなどのメニューを準備しております。用途に合わせてご相談ください。

  1. 保守サービスで診断結果後にお客様のご都合で中止される場合は、
  2. " 診断料+梱包運送費を申し受けます。"
  3. 保守サービスで製品の輸送が伴う場合は、各サービス料金+梱包運送費を申し受けます。

2 - 1.点検・校正サービス


ご使用中の製品の品質・信頼性の維持を図る事が可能です。
作業内容は清掃、弊社規定による性能試験になります。

  1. 次のメニューがあります。用途に合わせてご依頼下さい。
  2. * 点検:性能が製品仕様内である事の確認試験
    * 試験成績書:上記の試験に弊社書式の成績書を作成します。
    * 校正:上記の試験に弊社書式の成績書、校正証明書を発行します。
  3. 点検・校正サービスの料金
    * メニューには予め製品別に決められた定額料金があります。
    * 定額料金が設定されていない製品は別途お見積りとなります。
    * 梱包運送費は別途申し受けます。
  4. 修理が伴った場合
    * 受託品を動作試験中、製品に異状が発見され修理が伴う場合は、修理+校正の価格でサービスを受けられるかお客様に確認致します。 辞退される場合は、診断料と梱包運送費を申し受けます。

2 - 2.修理サービス


故障した製品の修理を行います。故障内容から予防保全を提案させて頂く場合もあります。
修理実施後、弊社規定による性能試験を実施いたします。
オプションにより、試験成績書/校正証明書の発行が可能です。

修理サービスの料金
  1. 定額修理料金が設定されている製品。
    * 弊社にて設定した標準修理作業により定額で行います。
    * 故障範囲が多大な場合、追加費用を頂く場合がございます。
  2. 定額修理料金が設定されていない製品
    * 故障内容を確認し、部品代、修理費用をお見積りいたします。
  3. 修理品の梱包運送費は別途申し受けます。

ご申告の故障内容が再現しなかった場合
修理品としてお預かりし故障内容が再現しない場合、点検費+梱包運送費を申し受けます。
3ヶ月以内に同じ症状が再現し故障内容が確認できた場合は、修理費用から、点検費用を差し引いた価格にて修理を申し受けます。

2 - 3.オーバーホール


FAN、電解コンデンサ、リレー、スイッチ等の有寿命部品の交換及び、内部清掃を行い、装置の延命を図ります。
オーバーホール実施後、弊社規定による性能試験を実施いたします。
オプションにより、試験成績書/校正証明書の発行が可能です。

オーバーホールの料金
  1. 定額オーバーホール料金が設定されている製品。
    * 弊社にて設定した標準オーバーホール作業により定額で行います。
    * オーバーホールに伴い、修理が発生した場合、弊社規定により修理費用を追加で申し受けます。
  2. 定額オーバーホール料金が設定されていない製品
    *オーバーホール内容を確認し、部品代、オーバーホール費用をお見積りいたします。
    * オーバーホールに伴い、修理が発生した場合、弊社規定により修理費用を追加で申し受けます。
  3. 修理品の梱包運送費は別途申し受けます。

先頭へ

3. 保守サービスの国内出張

3 - 1.出張料金について


  1. 出張料金:弊社から現地までの距離に基づきお見積もりとします。
  2. 宿泊が伴う場合:
    作業のため宿泊が生じた場合、弊社規定に基づいた宿泊料金を申し受けます。

3 - 2.休日及び時間外の作業


*弊社の休日または時間外の作業を依頼された場合、割増料金で申し受けます。

3 - 3. 技術サポート


*弊社専門技術者が現地にて技術サポートを実施した場合の料金は、別途お見積りとします。

先頭へ

4.海外へ持出された製品の保守サービス

海外に持出され故障した製品に対する修理は、原則として国内での引き取リ修理を前提とします。
  1. 定額修理料金が設定されている製品。
    * 弊社にて設定した標準修理作業により定額で行います。
    * 故障範囲が多大な場合、追加費用を頂く場合がございます。
  2. 定額修理料金が設定されていない製品
    * 故障内容を確認し、部品代、修理費用をお見積りいたします。
  3. 修理品の梱包運送費は別途申し受けます。※海外梱包、輸送には対応しておりません。

お問合せ先

 

お問合せは、下記フリーダイヤル又はWebお問い合わせにてお願い申し上げます。

修理・保守受付専用ダイヤル

フリーダイヤル:0120-963-213でお問い合わせできます。

修理お問い合わせ専用 MS 社-Excel 形式FAX用紙はこちらから
修理お問い合わせ専用 AcrobatPDF 形式FAX用紙はこちらから

(平日9:00~12:00 13:00~17:00)

 

 

製品の使用方法等のお問合せ専用ダイヤル

フリーダイヤル:0120-007-213

(平日9:00~12:00 13:00~17:00)


以下のWebによるお問合せフォームは、お問合せ内容の機密保護と個人情報保護のため、SSL(セキュアソケットレイヤー)暗号化通信に対応しています。
以後のSSLサーバーから社内ネットワーク環境においても最新の情報セキュリティ対策を行っています。

 

 
修理サービスに関するお問合せの際には必ず製造番号をお知らせください。
SSL暗号通信でWebからのお問合せは こちら
Webでの問合せはこちらから
スマートフォン等はこちら



先頭へ