模擬三相モータ装置、モータの任意状態を簡単に再現します。

 

バッテリエミュレータ インバータエミュレータモータエミュレータ製品のお問い合わせ

従来のL-R負荷システムでは不可能な回生が可能

PWMインバータ評価用の交流電子負荷/交流電源です。

複雑なインダクタも再現、力行も回生も対応
モータエミュレータ等価回路
●操作項目( 設定、表示出来る主な項目)

  • 設定
    制限値(電圧制限)
    周波数(0~1200Hz)
    極対数( 1~12極)
    回転方向(正転、逆転)
    誘起電圧定数
    誘起電圧波形(正弦波、任意波形)
    初期位相(-180~+180deg)
    位相オフセット(-180~+180deg)
  • 表示
    計測電圧
    計測電流
    計測電力
    電圧位相

L-R負荷では実現出来ない、回生機能付。

交流電源部に絶縁型コンバータを採用し、現実のモータとほぼ同一な特性。

誘起電圧周波数を、DCから1200Hz(4極永久磁石型 同期モータ18000rpm相当)まで、0.01Hzきざみで可変。

ベクトル制御により、モータインピーダンスの抵抗成分、インダクタンス成分を発生させることが可能。

位置センサー疑似信号として、ABZパルスエミュレータとレゾルバエミュレータを装備。

 

モータエミュレータ波形CH1:出力電圧U相 CH3:出力電圧W相
CH2:出力電圧V相 CH4:レゾルバsin波
● モータの極対数の設定を2極対に設定して、 500Hzで運転。
● 励磁信号は10KHzを入力して、レゾルバのsin波 を取得しました。

仕様

誘起電圧 :最大612Vrms(線間電圧、正弦波出力時)
電 流 :最大1500Arms
電 力 :最大±500kW
周波数 :DC~1200Hz(500Hz以上はディレーティング必要)

 

●モータエミュレータ装置作成装置は力行・回生の双方高に対応

 


その他のEVパワーエミュレータ関連のご紹介

エネルギー循環型インバータ評価システムの例 (供試体がインバータの例)

供試体が力行時(図では右回り)でも、回生時(図では左回り)でも、評価システムに加えられたエネルギーが、システム内循環回生することにより、動作電源から供給される電力は、各ユニットの損失分と供試体損失分の供給でよいため、AC/DC部の大幅な小型化と省電力化をもたらします。

ネットワーク構成例

IP Network

計測データなどのネットワークサーバなどによる蓄積やデータデータ解析、リモート監視などに柔軟に対応可能です。

高砂製作所のEV Power Emulator シリーズは、従来型の実車両(EV/HEV/FCV)に近い形でのシャーシダイナモやフィールド試験をするシステムベンチ法に代わる新たな方式のHILS(Hardware In the Loop Simulation)システムともネットワーク連成可能です。当社の大電力を高精度、超高速で自在に操る電力回生型エミュレーション技術が連成することで、シミュレータの解析パラメータで実機でのエミュレーションをおこない、その挙動情報を素早くフィードバックさせることが可能になります。

評価するインバータやモータなどの要素部品とその連携する他の部分をエミュレーションで補うことにより実機動作の状況に近い環境を簡易に実現でき、あらゆる状況を想定し徹底的に短時間で繰り返し実機試験することが可能になります。電気パワートレインの研究開発における試行錯誤を削減することが可能になります。そのほかにもネットワークによる監視制御やデータ分析などの拡張にも柔軟に対応します。


(詳細は弊社営業担当に御相談ください。)

先頭へ

関連商品製品検索HOME